SSブログ

大谷翔平選手の記事、ネガティブになっていないか!

残念であるが、大谷翔平選手がメディアの餌食にされつつある。
つい数日前までは新天地ドジャーズでの活躍の期待や真美子さんとの結婚など、祝福や賞賛の嵐で溢れていたが、水原一平通訳のスキャンダルで一転。ダークな雰囲気に飲み込まれそうな感じさえする。
まあ、情報が少なすぎるのも仕方ないが、いろいろな憶測の中で、不安や疑念を煽り、ネガティブなイメージに導いている感じがする。
特にメディアによく出てくる大学教授や法律に詳しいと称する評論家などのインテリたちが、大谷の説明責任を問う発言が目立ち始めており、疑念を一層深めている状況だ。
なぜ、彼を信じて、もっと静かに見守ってやらないのだろうか。
おそらく、ドジャーズの球団や彼を弁護する優秀な法律事務所が、最良のストリーをつくって、この件をうまく納めてくれるであろう。プロに任せ、外野がガタガタいう問題ではない。
一番の懸念は、彼が法に触れる行為をしたかどうかであるが、これは突き詰めれば非常に難しいと思う。彼の言葉や表現ひとつで、いかようにも解釈ができ、天と地をさまようことになりかねない。日本で美徳とされる情の深さも、アメリカでは通用せず、逆にアダになることも予想される。
これまでの大谷を観ていると、超人的な記録を持つ野球人であるとともに、正直で、情と人間味あふれる人柄に惹かれていく。そんな彼の性格が多くの人たちの心をとらえ、慕われ、そして尊敬されている。
子供たちも、我々も、そんな大谷翔平が大好きなのだ。
夢の世界のヒーローなのだ。
いま、その夢が汚い現実とごっちゃになって、つまらない世界に引きづり下ろされようとしている。
個人主義が主流な現在の日本、個人の責任や説明責任で、みんな等身大の小さな魅力のない人間にさせられる。
良い面も、見方を変えれば欠点にもなる。
大谷選手の大らかさは、子供っぽさ、野球しか知らない世間知らず。
情のあつさは、リスクマネジメントの甘く、人を見る目がない。
野球に専念する姿勢は、すべて人任せで甘えている。
などとあげれば色々。
でも、良い方にみればいいではないか。今回、サポートする人が悪かったけれど、周りがもっと真剣に良いサポートをつけてやって、今まで通りの大谷でいいのではなかろうか。
何十年に一度の逸材である大谷選手。母国である日本人はもっと大らかに、見守ってやり、かつメンタル的に苦しい彼を心から応援すべきであろう。
とにかく、ガタガタとつまらないことでイジルナと言いたい。

タグ:大谷翔平
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

水原一平の違法賭博スキャンダル。大谷選手の疑惑は絶対ゼロだ!

いま日本のネット上はいま大谷翔平の話題でいっぱいだ。
それも違法賭博に関与したかどうか、歯切れの悪いものばかり。
そんな記事を読むとロクなことが頭に浮かばない。
「本当は一平のギャンブルの負債のことを知っていたのではないだろうか・・・。」
「一平が最初に記者に言ったように、やはり大谷が自分パソコンをログインして送信したのでは・・・。」
「大谷にとって一平は大事な人、本当に困っているならば助けること(借金の肩代わりもありうる。」
「大谷も一流のアスリートだけれど野球以外は世間知らず。それがアダになったかも。」
たしかに行動を常に共にする2人は公私の面で切り離しがたく、こうしたスキャンダル問題に対しても疑いの目で観られかねない。
ただ、これまで我々が観てきた大谷選手の行動や姿勢、信条を思い返してほしい。野球において最大のパフォーマンスを発揮できることを第一優先にし、自らの生活、人生を野球一筋に律しているところは誰の目から見ても疑いようがない。
彼のインタビューなどを聴いていても、いつも自分を厳しい世界に追い込んでいる。
スポーツ選手にとってメンタルはデリケートだ。心の中をつねに曇りなくそしてシンプルにしていなければ、真剣勝負で結果を出すことができない。一平もそのことを十分わかっているはずであり、それが最大の仕事であることも自覚しているはずだ。だから、自分のギャンブルのことや多額の負債など、まして、その借金の肩代わりなど、多大な不安を与えるはずがない。
彼がどこまで大谷のお金の管理をしていたか分からないが、日頃の世話をすべてこなしていたとするならば、少なくとも請求や支払いなど実務をこなすための銀行口座を管理していた可能もありうる。ただ、その口座は我々が想像する以上の額が入っていたのかもしれない・・・。
いずれにしても、そのあたりは今後の連邦捜査局の捜査の段階ではっきりしてくるはずだし、私は大谷が全くの「シロ」であると断言したい。あれこれ詮索して、不安や心配を煽るマスコミにはうんざりだ。
いま日本の誇りである大谷選手をみんなが励ましあい、また自信をもって彼の行動を信じること、少なくとも彼の母国である日本人はもっと励ますべきではないか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog