SSブログ

キランソウ(薬草)を舗道で発見 [旅行・散策]

あまり知る人はいないだろうが、この野の花はめったに観ることはできない。
どこにでもありそうだが、どこにもないのだ。
その名はキランソウ。別名、ジゴクノカマノフタ(地獄の釜の蓋)と呼ばれている。
なぜ、そのような名前が付いたかといえば、実はこの草は薬草として有名で、かつては、さまざまな病気に効く効能から、医者いらずとか、これで地獄に落ちないで済む、病気を治して地獄の釜に蓋をするなど言われていたという由来。地方に行くと、そのままイシャイラズ(医者いらず)という名で呼んでいるところもあるそうだ。
横浜市旭区にある里山ガーデン散策の帰り道、バス通りの歩道でたまたま発見。里山の中ならわかるが、こんな舗装の隙間からでているキランソウは初めてである。普通はこのような環境下で観られることはない。野の花鑑賞を趣味としている私にとって、うれしい発見であった。
 
DSC05933.JPG
キランソウ
地面を這うように葉を伸ばし、幾つものちいさな紫の花をつける。一見すると地味な野の花であるが、貴重な薬草である。

タグ:キランソウ
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

Mr.キウィ

こんな薬草があるんだ。
by Mr.キウィ (2022-04-14 06:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。